MENU

メニエール病について

メニエール病と聞くと、めまいが起こる病気というイメージがあります。めまいが主症状の病気はいろいろとありますが、メニエール病は耳の病気の一種です。内耳にあるリンパ液が過剰になって水腫になることで発症します。水腫になる原因は主にストレスと考えられていて、過労、睡眠不足、急激な気圧の変化などが原因と考えられていますが、ストレスがリンパ液を過剰にするメカニズムは解明されていません。

 

症状の大きな特徴は突発的なめまいで、貧血に見られるような平衡感覚が危うくなるという程度のものではなく、前触れもなく景色がグルグルと回転する激しいものです。発作の間隔の頻度には個人差があり、数日おきという人もいれば年に1回と間隔の広い人もいますし、継続時間も30分くらいから数時間まで様々です。

 

めまいが起こっている間には吐き気、動悸を伴うケースも少なくありません。他の症状として発作起こる前兆や発作終わりに耳の中で声や音が反響したり、耳鳴り、難聴、など耳の違和感もあります。メニエール病と診断するには、聴覚障害を伴うめまいの発作が反復して起こることが前提となっています。検査では問診によって発作の頻度や継続時間、症状を詳細に確認し、平衡機能検査、眼振検査、内耳の観察を行います。さらに聴力検査で低音が聞こえにくい、音が反響して聞こえるなどの状態があれば、メニエール病の可能性が高くなります。

 

どのような病気でも、初期であるほど短期間に完治させることが出来ます。メニエール病は進行性の病気なので、めまいや難聴などの不調を感じたら、早いうちに検査をすることが大切です。治療は内耳に溜まったリンパ液を排泄さる利尿剤の処方が主として行います。薬で発作を抑制しつつ、日常生活ではストレスを溜めない生活を送るような指導もあります。