MENU

めまいがないメニエール病とは

メニエール病の典型的な症状はめまいです。内耳にリンパ液が過剰に溜まって内リンパ水腫ができ、めまい、耳鳴り、閉塞感、難聴などの色々な症状を発症します。なかでもめまいは回転性なので、吐き気やおう吐感も伴うのが一般的です。一般には片耳にのみ発症しますが、患者のうち約3割は両耳に発症します。病院での診断基準はめまいが繰り返して起こる、聴覚異常が短期間で繰り返されている、脳神経系の疾患や遺伝性の聴覚歯間でないことが上げられます。薬の服用とストレスフリーの生活を心がけるなどの対処療法で完治を目指します。

 

メニエール病には特徴的なめまいがない蝸牛型もあります。蝸牛型の特徴的な症状は耳鳴り、聴覚の閉塞感、難聴で内耳ではなく、蝸牛にリンパ液が過剰になって起こります。初期のうちは低い音が耳の中で鳴っていて、低い音域の音が聞き取りにくくなるので低音障害型感音難聴と診断されてしまうこともあります。ストレスによる血行不良やウイルス感染が原因と考えられています。

 

また突発性難聴と似た症状ですが、突発性難聴は改善しても聴力の低下は免れないのに対して、蝸牛性のメニエール病は治療すれば聴力が低下することなく回復出来ますが、治療の開始が遅れて症状が進行すると、典型的なメニエール病に移行する確率が高いです。めまいがない分、耳鳴りがあっても我慢我慢出来てしまうのが原因です。

 

治療方法は通常のメニエール病と同じで、リンパ液の排泄を促す利尿薬を用いることが多いです。またストレスを改善するために、生活習慣や食生活の見直しが指導されることもあります。耳鳴りなどの発作が起こったら安静にして症状が治まるのを待つことが大切です。