MENU

30代後半〜40代女性の発症が多いメニエール病は、内耳が関係していることが分かっています。グルグル回る回転性のめまい・吐き気・難聴や耳鳴りがあり、発作を繰り返すと重症化します。つまり、発作を起こさないような自己管理が大切です。昔から耳鳴りや聞こえ改善には、蜂の子がよいと言われます。研究でも蜂の子に、耳鳴りや難聴の改善効果があると分かっています。

 

蜂の子を摂るには吸収率を高めたサプリがおすすめ。当サイトでは、メニエール病の困った症状に嬉しいサプリをご紹介しています。蜂の子はちょっと…という人には漢方をどうぞ。

 

 

花菜の厳選蜂の子の特徴

花菜の厳選蜂の子は、蜂の子で耳鳴りとめまいを改善するサプリです。アミノ酸やビタミン・ミネラルなどをバランスよく含む蜂の子を、飲みやすいカプセルにしています。内耳の血行を促進するイチョウ葉エキス、むくみをとるナギイカダエキス、リラックス効果のクアンソウをプラス。1日めやす3粒に、蜂の子750r配合。無味無臭なので虫は苦手という人でも大丈夫です。

価格 3,880円
評価 評価5
備考 蜂の子

 

 

山田養蜂場 蜂の子の特徴

山田養蜂場 蜂の子は、養蜂場品質の蜂の子を摂りやすくしたサプリです。独自の厳しい品質基準をクリアした、雄蜂の子のみを使用。蜂の子に含まれるアミノ酸・ミネラル・ビタミンを、独自の酵素分解技術でペプチド化して吸収率を高めています。成分の働きを高めるビタミンB2・B12も配合。ギャバをプラス。1日めやす4粒に有用成分720r配合。

価格 4,572円
評価 評価4
備考 雄蜂の子のみ使用

 

 

耳鳴りめまいに効く漢方薬の特徴

耳鳴りめまいに効く漢方薬は、内耳と心の両方からアプローチする漢方薬です。長引く耳鳴りめまいに薬が効かないという人は、内耳の原因にのみ着目しているから。一緒に、不安やストレスからくる耳鳴りやめまいにもアプローチすることで、症状を改善してくれます。有効生薬の茯苓・白朮・桂皮・甘草が、両方からアプローチ。1回4錠を1日3回。漢方薬独特の苦みを感じない、飲みやすさを考えた小粒タイプ。医薬品なので医療費控除対象です。

価格 9,800円
評価 評価3
備考 有効生薬の茯苓・白朮・桂皮・甘草

 

メニエール病とは?原因やなりやすい人、症状など

 

現代の医学をもってもなかなか原因がわからない、また治療できない、そういった病気はまだまだたくさんあります。その中のひとつがメニエール病です。メニエール病は、突然のめまいや耳鳴りが起こり、生活の質を非常に下げてしまう他、場面によっては大きな事故も引き起こしかねない大変なものです。そもそもメニエール病の定義自体が非常に広く、脳や耳が原因で生じる原因不明のめまいなどはメニエール病と診断されることも多いです。ただそう診断されたとしても本当にメニエール病に該当するとされているのは、5〜10%程度だと言われています。メニエール病になりやすい人は、痩せ型で几帳面なタイプが多いと言われていて、睡眠不足や強いストレスが蓄積することで生じるのではないかと考えられています。

 

メニエール病の症状といえばめまいと耳鳴りです。メニエール病におけるめまいは、突然生じる、ぐるぐると視界が回る、揺れているような感じを伴う、という特徴があり、すぐに引く場合もあれば長時間持続することもあります。めまいだけでなく、嘔吐感や冷や汗、血の気が引いていくといった症状も見られることがあり、非常に不快感が強くなります。また、めまいと一緒に耳鳴りが生じるケースも多く、耳鳴りは実際に何か鳴っていなくても聞こえる感じがすることも多く、生活上の不快感が非常に強くなります。こうしたことから、生活の質を著しく下げてしまうので注意が必要です。

 

メニエール病かどうかセルフチェック

 

メニエール病というのは、主な症状としてめまい、耳鳴りなどがまず現れます。こういった症状が出る病気というのは非常に多いので、単にこれだけを材料としてメニエール病と診断するのは非常に難しいです。

 

ただ、だからと言って様子を見ているというのもあまりよくありません。メニエール病はよほど安静にできなければ、放置しているだけで良くなるようなものではないからです。早めに発見し、適切な治療を行うことが肝心ですが、病院に行くのも難しいという状況の人は、ひとまず自分でチェックをしてみましょう。どういった点に注意したら良いのかと言うと、

 

・めまいと耳鳴りや難聴、吐き気などが同時に起こる
・低音に聞き取りにくさを感じる
・めまいが長い(30分以上)
・横になって安静にしていてもめまいがする時がある
・目を閉じると身体が揺れている感じがある
・めまいがある時、平衡感覚に異常を感じる

 

こういった症状に心当たりがあれば、メニエール病を疑って良いでしょう。該当する項目が多ければ多いほど可能性は高いと言えます。メニエール病は基本的に原因不明の不治の病ですが、それは医学的な改善が難しいということであり、人間が本来持っている自然治癒力によって改善されることはあります。

 

しかしながら、そのためには早期発見が重要です。進行してしまって慢性期に入ると完治は難しく、生活への影響も大きくなります。ですから、自己チェックで怪しいと思った場合はすぐに病院へ行きましょう。病院では、まず耳鼻科で確認をしてもらうようにし、必要に応じて他の科を紹介してもらうのが良いでしょう。

 

メニエール病を治すには?

 

めまいや耳鳴りが生じて、病院でメニエール病だと診断されると、基本的には薬物療法を中心として治療が始まりますが、並行して食生活や生活習慣の改善指導も行われることが多いです。こういった生活指導は、治療中だけでなく、治療後も再発を防ぐためにも有効ですから、それをできる限り体質にしたいものです。また、予防効果もありますから、メニエール病にはなっていないけど、ちょっと怖いという人は意識して行うと良いと思います。

 

生活習慣上の注意は、ストレスと睡眠不足に注意することで、これらは年齢や性別によらず多くの人が抱えている問題です。これらは自律神経の不安定な状況を招き、異常を生じさせてしまいやすいので気をつけましょう。医療機関でもこの点に特に注意して生活指導が行われます。また、食事による栄養をしっかり摂取しましょう。不足しがちなビタミン、ミネラル、食物繊維は、全身の血流改善や神経の働き、また自律神経の安定のために重要な働きをしています。特に、耳鳴りが強いという人は血流を改善するために、ビタミンEを含む食品や、DHAやEPAといった血液サラサラ成分を多く含む青魚を多く食べるようにすると良いでしょう。

 

運動も血行を高めたり、また自律神経の安定化のためには有効ですから、軽い運動を毎日続けるようにすると良いと思います。メニエール病は一度発症すると再発もしやすいので、いつも上記の点に注意して生活することが大切です。

 

メニエール病に効くサプリ成分

 

メニエール病は現代の医学でも治療が難しいといわれている病気ではありますが、サプリメントなどを上手く利用することによって症状の緩和や予防に役立てることが可能です。薬と違って副作用の心配がサプリメントならありませんから、メニエール病の対策を長期に渡って行っていくなら体に優しいサプリメントはおすすめです。

 

メニエール病対策にまずしっかり摂取したいのはアミノ酸です。アミノ酸は人間の体を作り、また体の中で使われる多くのものの原料となります。たんぱく質はアミノ酸からできていて、体内の20%はアミノ酸でできていると言われています。アミノ酸は体を作っているだけではなく、自律神経を調節する働きがありますから、その作用によってメニエール病の耳鳴りやめまいといった症状を予防・改善することが可能と考えられています。

 

また、アミノ酸の中でもメニエール病に有効と考えられているのがギャバです。これは脳内の血行を促進し、脳や神経の働きを正常化する作用があります。また、ストレスを軽減するという効果もあると言われていて、疲労やストレスが原因で生じるとされるメニエール病への効果も期待されています。また、イチョウ葉エキスに多く含まれているギンコライドという成分には高い抗酸化作用があり、血流の改善効果があるとされていて、特に頭部に対する血流改善効果が高いと言われています。国によっては医療用の植物としても使われています。血流の改善はメニエール病の改善に有効とされていますから、効果も期待できそうです。

 

メニエール病に効く漢方薬はある?

 

メニエール病というのは、メニエールという医師が発見したとされている病気ですから、西洋医学の範囲で考えがちですが、東洋医学でも対処を考えることができます。東洋医学でメニエール病を扱う場合は、その原因を身体の中に水分が過剰にたまる「水毒」、もしくは血行不良による「悪血」にあると考えます。そのため、これを解決するための漢方薬を用いることによって改善を目指しますが、あくまでメニエール病に効果のある薬ということではなく、上記の水分の代謝や血液の流れを整えることによって、体の調子を整えてメニエール病も治すということになります。

 

漢方薬は植物由来の有効成分が原料になりますから、基本的に副作用も少なく、体に優しいという特徴があります。また、患者の体調などを考慮して薬を調合するため、同じ病気だとしても体質によって薬の種類や調合も変わってくるのです。ですから、オーダーメイドが基本となっているので、しっかり漢方医や薬剤師に相談して処方してもあることが大切です。くれぐれも症状や体質などについて伝え忘れがないようにしましょう。

 

メニエール病に効果的な漢方薬としては、「水毒」に有効な苓桂朮甘湯、半夏白朮天麻湯、呉茱萸湯や、「悪血」に効果的な当帰芍薬散などが使われます。これらはメニエール病の一般的な症状であるめまいの改善にも有効と言われていて、めまいを含む多くの病気の改善のためにも使われています。漢方薬は即効性はありませんが、時間をかけて体質を改善していき、自然治癒力で正常な状態に直していくので、根本から病気を治していく効果が高く、原因不明の疾病だとしても効果を発揮してくれます。

更新履歴